誰にもわかってもらえない「心の病気」

 パニック障害やうつ病は自分がなってみないとわからないでしょーねー。

 ・朝は起きれない。また、起きたくない。

 ・朝起きて仕事に行こうと思うのですが、頭がわれそうに痛くなる。

 ・家を1歩でると不安で不安でしかたがない。

 ・行きたくないなー、やりたくないなー、と思うと目眩や頭痛がひどくなる。

 ・人の雑談を聞くのが嫌で嫌で逃げ出したくなる。

 ・人ごみを避けて通る。

 ・集中力がなくなる。

 ・なんでもないことなのに突然腹が立ってくる。

 ・不眠症になる。

 ・寝ていても突然の発作で、飛び跳ねたり、壁をたたいたり暴れだす。

 ・目を閉じて寝ようとするのですが、呼吸をすることを忘れてしまう。

 ・人が自分を見て常に悪口を言っているように聞こえる。

 ・人から「気をしっかり」や「頑張って」などと言われると腹が立ってくる。

 ・突然、嫌いな人を殺したくなる。

 ・突然、死にたくなる。

 毎日の生活の中でこんなことばかりが実際に繰り返されるんですよ。

 あなたが突然パニック障害やうつ病になったらどうしますか?

 現在の多様化されたストレス社会では、誰が何時このような病気を引き起こしてもおかしくない状況
 ではないでしょうか?

 そんな時、大切なことは本人が一番「あせったり」「イライラ」したりしていますので、家族や周りの方も
「あせらず」「イライラせず」協力してあげてください。

 周りの方々の愛情で支えてあげることが一番の特効薬になると思います。  

つづく・・・


↓ ↓ ↓ ↓

心と身体の障害を乗り越えて!




Copyright(C) Tatsuo Kanai 2003/11,01 All Rights Reserved